アクセサリーはパールのネックレス

定番のアクセサリーはパールのネックレス

出先から、急な会食やあらたまった席に出向かなくてはいけない場面に重宝するのが、パールのアクセサリーです。

 

慶弔どちらにも使えますし、普段使いにもできます。
会社のロッカーに、値段の張らないパールのネックレスを置いておくとイザという時に助かります。

 

社会人になりたての頃は、プチジュエリーが流行っていて、キュービックジルコニアで遊んだりもしました。

 

ある程度の年齢になってくると、身の丈にあった、体になじむアクセサリーがいいなと思うようになりました。

 

その中で出番が多いのは、しているのは、ロングのパールネックレスです。

本物は、キズがつきやすくて扱いに慎重さが求められますが、もう少し手頃なパール風のジュエリーが使い勝手もいいです。

 

カジュアルなデニムから、フォーマルウェアにも使えます。

 

特に、黒や紺のカットソーなどシンプルな装いに映えるので、ひとつ手元にあると助かります。ロングだと、重ねづけや二重にすることもできるので、スタイルの幅が拡がります。

 

珠の大きさや、長さを調節できるタイプのものもあり、ネックレスにしたりブレスレットにしたり自由に組み合わせを変えられるものもあります。

 

パールの色は白だけでなくて、ブラックやシルバー・ブルーもあるので、色を変えるだけでも、服の雰囲気が違って見えたりします。